マウスピース矯正にかかる費用と期間

効果は如何ほど?マウスピース矯正のアレコレ

どんなデメリットがあるの?

しっかりと装着するのがカギ

いくら便利なサービスだからといって、一切デメリットが無い訳ではありません。マウスピース矯正は、しっかりと装着しないと効果が薄く、いつまでたっても矯正が終わらないというデメリットがあります。
多くの歯科医師が1日20時間を目安に装着する事を進めているので、歯磨きや食事以外は外す事はないと考える必要があります。どうしてもという場合は外しても構いませんが、長時間外すと矯正の意味がなくなってしまいます。
またマウスピース矯正の中にも短時間の装着でも効果がみられるタイプもありますので、気になる方はこれらのマウスピース導入を検討するのも賢い手段と言えます。事前に医師と相談をしながら、着用時間を決めていくのがベターです。

歯並びによっては対応不可?

歯並びといっても人によって様々で、少しズレがあるので矯正したいと考える方や、肩こりや頭痛に悩まされるというケースもあります。
マウスピース矯正のデメリットとして挙げられるのは、全ての歯並びには対応していないという事です。強いねじれや、大きくズレてしまった歯を動かすのはとても長い時間が必要ですし、同時に強い力も必要です。その為マウスピース矯正では対応が出来ず、結局従来のブラケット矯正になるケースもあります。
どうしてもブラケット矯正をしたくないという場合は、裏側矯正やハイブリッド矯正などの歯科矯正を検討する必要があります。多くのメリットを持つマウスピース矯正ですが、万能ではない事を肝に銘じておいてください。


この記事をシェアする