マウスピース矯正にかかる費用と期間

効果は如何ほど?マウスピース矯正のアレコレ

歯科矯正の種類を知ろう!

なんといっても目立たない

子供の頃に大きなブラケット矯正の器具をつけている子はいませんでしたか?始めて見た時は驚きますし、生活しにくそうな見た目はどうしてもうらやましいとは思えません。
または過去に強制を試みたけれど、周りの目が気になって挫折してしまった。審美ブラケットに関してもワイヤー部分は見えてしまいますし、裏側矯正に関しては歯科医師の技術力が必要なので、扱っている歯科医院は少数です。
そこでマウスピース矯正の出番です。透明のマウスピースですので口を開けても目立ちませんし、食事の時は外して食べる事が出来るので虫歯にもなりにくいといえます。
衛生的ですのでお子さんはもちろんの事、マウスピース矯正は大人にも人気を呼んでいます。

痛みがなく金属アレルギーにも対応可能

矯正したいけれど金属アレルギーなので、ワイヤーをすると痛みが生じる、あるいは粘膜がかぶれてしまう。
アレルギーを持つ方はとても多く、その中でも粘膜はとてもデリケートなのです。そこにアレルギー要素である金属を長期間取り付けると考えるととても恐ろしいものです。
マウスピース矯正は金属を使っていないので、金属アレルギーの場合も装着可能です。また従来の矯正方法が大きな歯を中心に動かしたり、引っ張ったりしていたのですがその時に独特の痛みが生じます。しかしマウスピール矯正は全ての歯に均等に圧を加えているので痛みが生じにくいのです。
仮に痛みが生じた場合は外して、歯科医院で調整も出来るのでストレスが溜まりにくいと言えます。


この記事をシェアする